読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンセルトヘボウ主義

世界最高のオーケストラ、コンセルトヘボウのことを中心に、個人的に注目している演奏家や音源について書いていきます。

【コンサート】大野/都響 マーラー:交響曲第7番 2015/04/08(Wed)

すっかり冬に逆戻りしてしまって、体調崩し気味だったので演奏会行くかギリギリまで迷った。

最近ちょっと都響と音に癒しを感じないのと、機能性を前面にとことん押し出す大野さんの演奏はほぼ予想通り。ティンパニの音はショルティ/CSOを彷彿させた。

速めのテンポで迷いがなく、とても分かりやすいのだが、この曲の悪魔的要素、特に第2楽章では欠落していたように感じた。

とにかく都響は巧い。外すところもなく、余裕すら感じられて指揮者の要求に応えていく。ただ、第1楽章のラストの最強奏は煩く感じられたし、もっと弦そのものや緩徐楽章に歌や繊細さが欲しかった。

これが都響の基本的方針になっていくのだろう。インバルとの最終期に見られた耽美性やら甘美的な響きはもう聴けないんだろうな。

f:id:willemer:20150408215232j:plain