読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンセルトヘボウ主義

世界最高のオーケストラ、コンセルトヘボウのことを中心に、個人的に注目している演奏家や音源について書いていきます。

【コンサート】山田和樹/日フィル ミヨー、ベートーヴェン、イベール、別宮貞雄 2015/09/04(Fri)

サクソフォン:上野耕平
指揮:山田和樹
日本フィルハーモニー交響楽団

ミヨー:バレエ音楽《世界の創造》
ベートーヴェン交響曲第1番
イベール:アルト・サクソフォンと11の楽器のための室内小協奏曲
【日本フィル・シリーズ再演企画第9弾】
別宮貞雄:交響曲第1番(日本フィル・シリーズ第7作)

ミヨー、イベールのカラフルさはスイス・ロマンド管弦楽団で培ったヤマカズの面目躍如。
色彩感、ジャズのような軽快さが聴いていて実に心地よかった。そして、その上で水を得たように吹く、上野耕平のサクソフォン
これで一気に上野さんのファンになってしまった。
休憩中にCDをゲット。

一方で倍管でやったベートーヴェンはかなりデフォルメかけてて、評価が分かれそう。
まるでチェリビダッケマゼールのようなアクセントの付け方。
テンポが遅くて、曲の細部を浮き立たせるようにぎりぎりの遅さで振る。
こういうヤマカズは初めて聴いたし、言いたいことも分からなくはないんだけど、感動よりも理屈が先にきてしまっているような気がしまった。

別宮作品は初めて聴くので何とも言えないけど、両端楽章は見事。逆に第2楽章バスドラが効きすぎ、第3楽章も含めて、中間楽章に透明さが欲しかったかな。

総じて言えば満足な演奏会でした。
今回は上野さんのサクソフォンがすごくよかった、何でもっと早くにコンサートに足を運んでなかったんだろうと悔やまれる。

次回は同じくヤマカズさんで横浜シンフォニエッタ

f:id:willemer:20150907023303j:plain

f:id:willemer:20150907023311j:plain