読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンセルトヘボウ主義

世界最高のオーケストラ、コンセルトヘボウのことを中心に、個人的に注目している演奏家や音源について書いていきます。

【コンサート】ヴァンスカ/読響 シベ5,6,7@サントリーホール 2015/12/04(Fri)

これまで仕事でバタバタしており、ようやく落ち着いて2月下旬から3月いっぱいは春休み。
本来であれば、欧州現地指導にいくところではあるが、もう一つの趣味である、自転車のシーズンが始まるので国内のコンサートを謳歌しつつ、トレーニングに励む次第である。

さて、時は遡って去年12/4(金)のヴァンスカ/読響

指揮:オスモ・ヴァンスカ
読売日本交響楽団

曲目
シベリウス交響曲 第5番 変ホ長調 作品82
シベリウス交響曲 第6番 ニ短調 作品104
シベリウス交響曲 第7番 ハ長調 作品105

以前のシベ2はフォルテがうるさかったと聴いて見送り。
しかし、前の週のシベ1が超名演だったと聴いて、当日券で急遽行くことにしたコンサート。
自分はシベ5-7の中で5番が最も好きだ。

友人では6番が好きな人が多い。

感想はこれが本場のシベリウスか!と思った。
ヴァンスカは特にオケを煽ったりしないが、ひんやりとした空間、弦が魅力な読響ではあるがいつも
とは別な音が出ていた。
この曲を完全に手中に収めているのかと思えるほどだった。
特に5番の圧巻の響き、ホルンは日橋さんが乗っていた。

後半は編成が日橋さんが降りて6,7番。
あまり6,7番は好きではなかったのだが、6番の空気感が絶妙であった。もちろん、最後の7番素晴らしかったが
6番はこの曲へのイメージを変えてしまうほど。

本当に凄い体験をした。読響の持てる力を120%発揮したのではないか。

 

f:id:willemer:20160216171753j:plain

f:id:willemer:20160216171921j:plain

f:id:willemer:20160216171934j:plain