読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンセルトヘボウ主義

世界最高のオーケストラ、コンセルトヘボウのことを中心に、個人的に注目している演奏家や音源について書いていきます。

【コンサート】バッティストーニ/東フィル 第九@サントリーホール 2015/12/19(Sun)

指揮:アンドレア・バッティストーニ

ソプラノ:安井 陽子
アルト:竹本 節子
テノール:アンドレアス・シャーガー
バリトン:萩原 潤
合唱:東京オペラシンガーズ


ベートーヴェン/序曲『レオノーレ』第3番
ベートーヴェン交響曲第9番『合唱付』

 

2015年の第九第2弾はバッティストーニ。

完売御礼で、早めに買っておいてよかったと思った。

 

さて、演奏であるが、レオノーレ序曲第3番からして、覇気があり、伸び伸びした演奏。

第九はテンポが速いながらも、強烈な推進力で押す演奏。

第1楽章、第2楽章はよかったが、第4楽章は粗さが目立ったように思う。コーラスもシャーガーは奮闘していたが、全体的にバッティストーニに煽られだったように思われる。

これを才気ととるか、暴走ととるかは評価が分かれそうである。

終演後にソプラノの安井さんは「バッティストーニのエネルギーに圧倒されすぎて放心状態でした」と言っていたが、それがまさにこの演奏会を象徴している気がしたといえよう。