読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンセルトヘボウ主義

世界最高のオーケストラ、コンセルトヘボウのことを中心に、個人的に注目している演奏家や音源について書いていきます。

【コンサート】ロト/都響 シューベルト、R.シュトラウス、ベートーヴェン@サントリーホール 2016/04/07(Thu)

過去のものが溜まってるけど、取り急ぎ直近のものからアップしていくのである。

東京都交響楽団
第804回 定期演奏会Bシリーズ

指揮/フランソワ=グザヴィエ・ロト

曲目
シューベルトウェーベルン編曲):ドイツ舞曲 D820
R.シュトラウスメタモルフォーゼン~23の独奏弦楽器のための習作
ベートーヴェン交響曲第3番 変ホ長調 op.55《英雄》


都響の演奏会へ。

冒頭のウェーベルン編曲のシューベルトはキリッとまとめ、メタモルフォーゼンは前半こそテンポが速いと思ったが、
後半の濃厚な歌いまわしと、各パートの見事なソロがこの曲に込められた想いを表現していたのである。

そしてなんといっても素晴らしかったのは、後半のエロイカ
都響の機能性を活かしながら、全てのフレーズが新鮮に聴こえた。各パートの強弱にメリハリがあり、アイデアたっぷり。
第1楽章と第3楽章のホルンに傷があったが、それはご愛嬌。
ミンコフスキの時もそうだったが、都響はフランス系の指揮者が振ると音が実にカラフルになるといえよう。

今回は全て小編成の曲。
今度は「火の鳥」など、一転して大編成の曲。
どうなるか楽しみといえよう。