読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンセルトヘボウ主義

世界最高のオーケストラ、コンセルトヘボウのことを中心に、個人的に注目している演奏家や音源について書いていきます。

【コンサート】インキネン/日フィル ヴェルディ レクイエム@みなとみらい 2016/04/16(Sat)

日本フィルハーモニー管弦楽団
第316回横浜定期演奏会<春季>

 

指揮:ピエタリ・インキネン
ソプラノ:大隅智佳子
メゾソプラノ池田香織
テノール:錦織 健
バス:妻屋秀和
合唱:晋友会合唱団

 

この日はノットとのダブルヘッダーであり、昭和風ダッシュでみなとみらいに向かった。
電車が遅れるハプニングもあったが、無事に会場に到着したのであった。

 

インキネンの指揮はティーレマンにかなり似ているが、フォルテの時も大きなアクションはほとんど取らず、汗をかかない指揮者と言われている。
オペラ指揮者だけあって見通しがかなりよく、サウンドも(特にピアニシモが)クリア。繊細な音を出す。
一方、フォルテもしっかり鳴っており、テノールの声量にはやや不満があったが、独唱、合唱ともに総じてよく、特にバスの美声にはしびれた。

課題をあげるとすれば、フォルテの時に弦が負けて、金管が飛び出して聴こえることか。
金管でいけば、ホルンの日橋さんが抜け、トロンボーンの藤原さんも乗り番ではなく、クリストーフォリさんが孤軍奮闘であった。
全体では悪くないものの、各パートに顔となるリード役がいないことと、弦の底上げは必要であろう。
そこはヴァイオリニストでもある、インキネンのトレーナーとしての腕に期待したいといえよう。

f:id:willemer:20160416195236j:plain

 

サイン会をやっていたので、タコ5のCDを買ってみたが、これはいいぞ。