読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンセルトヘボウ主義

世界最高のオーケストラ、コンセルトヘボウのことを中心に、個人的に注目している演奏家や音源について書いていきます。

【コンサート】ウルバンスキ/東響 プロコフィエフ、チャイコフスキー 2016/05/28(Sat) @サントリーホール

指揮:クシシュトフ・ウルバンスキ

ピアノ:アレクサンダー・ロマノフスキー


曲目
プロコフィエフ:ピアノ協奏曲 第3番 ハ長調 作品26
チャイコフスキー交響曲 第4番 ヘ短調 作品36


さすがにコンサート疲れが生じたので、カラビッツ/読響についてはパスした。

何気にウルバンスキの実演を聴くのは初めて。
ウルバンスキはNDRの首席客演指揮者を勤めていて、ネットラジオでブラ1を聴いたことがあったのだが、角が立たずにアプローチが非常にソフト。
今回はそれを実演で体感した。

前半のプロコフィエフのピアノ協奏曲第3番は、ロマノフスキーの優雅なタッチに酔いしれた。
ウルバンスキの伴奏もソフトで、この曲のキラキラした響きと実にマッチしていた。

後半はチャイコフスキー交響曲第4番。
スメタナのシャールカなどを得意としているので、もっと重厚な演奏を聴かせてくれるのかと思ったが、ここでも実にソフト。ティンパニトレモロなども角を立てずにソフト。
その分、スローなテンポで各パッセージを浮き立たせる解釈は今までにない新鮮さを覚えたが、それでも個人的にはもっとエッジが聴いた重厚な響きを好む。最後の最後でバスドラを強めに鳴らして盛り上げたが、あまり好きにはなれなかったといえよう。

f:id:willemer:20160528202237j:plain f:id:willemer:20160528202156j:plain f:id:willemer:20160528202131j:plain f:id:willemer:20160528202203j:plain