読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンセルトヘボウ主義

世界最高のオーケストラ、コンセルトヘボウのことを中心に、個人的に注目している演奏家や音源について書いていきます。

【コンサート】ノット/東響 細川俊夫、ラヴェル、ドビュッシー@オペラシティ 2015/07/11(Sat)

指揮:ジョナサン・ノット
ピアノ:萩原麻未


曲目
細川俊夫:循環する海
ラヴェル:左手のためのピアノ協奏曲 ニ長調
ドビュッシー:管弦楽のための映像

 

昨日のお酒が微妙に残ってて朝練、午後からのコンサートはさすがに眠かった、、、

それでも、今日のような灼熱の夏にぴったりな、水を感じさせるプログラムにはうっとり。
もともとノットと東響との出会いはラヴェルだったので、フランス物との相性の良さは頷けるけど、ひんやりした音、縦のしっかりした線が加わって、本当に充実した演奏。


鳴らし過ぎない、絶妙なコントロールでホールに合わせた音量を出せるのはノットの凄いところ。

それでも、ピアニストの萩原さん、ラヴェルの左手ではオケに弾き負けてる感があったけど、アンコールの月の光は宝石のような美しさ。

終演後はノットの出待ち。前回伝え忘れたブルックナーの7番、バイエルン放送交響楽団との感想を伝えたら、エキサイトしていました。
その後はお友達とディスクユニオンを現地指導じゃない、現地視察して、つけ麺食べながらクラトークして解散。

f:id:willemer:20150731160103j:plain

f:id:willemer:20150731160110j:plain

f:id:willemer:20150731160118j:plain